雪室貯蔵施設 スノーランド池ケ原概要

 

雪室貯蔵施設スノーランド池ヶ原原型 2/3程度が雪に埋もれた雪室

雪室貯蔵施設スノーランド池ヶ原原型(左) 2/3程度が雪に埋もれた雪室(右)

 

もみ殻で全体を覆う

冷熱エネルギーを活用したこの施設は、「おぢや利雪研究会」との共同研究により、平成12年に建設されました。左上の写真は、雪室の原型で地面から約3メートル位掘り下げて建設されており、右は2/3程度が雪に埋もれた状態です。最終的には、建物全体が雪に覆われ、その上から断熱用にもみ殻を掛けています。
雪の量は、次の降雪まで充分に確保されており、通年営業が可能となっております。

 

 

雪中貯蔵品の研究は、平成8年から開始され雪中貯蔵による製品が、まだ世の中にあまり知られていない頃から、研究が続けられていました。

貯蔵品の分析データ 貯蔵品の分析データ

貯蔵品の分析データ

 

現在では、雪中貯蔵品は高付加価値のついた商品として、多くの企業様や個人の事業者の方に利用されており、海外進出も視野に入れた企業様もおります。

 

所在地     〒949−8728 新潟県小千谷市大字池ヶ原字コワ清水2174
完成年月    平成12年11月
施設規模     RC 2階建て(一部SS造)376u
冷房方式     自然対流型
冷房対象面積  220u
雪貯蔵量    9,000立方メートル(4,500t)

 

 

雪室貯蔵施設スノーランド池ヶ原

            〒949−8728
            新潟県小千谷市大字池ヶ原字コワ清水2174
            電 話  0258-89-6017

 

雪室のご利用、ご相談はこちらです

 

 

雪のイベント活用(雪販売)

 

雪室(雪中)貯蔵施設スノーランド池ヶ原ご利用方法

 

雪室(雪中)貯蔵施設スノーランド池ヶ原アクセス


 

関連サイト